ホーム > 妊娠~出産~退院 > 妊娠28週 『妊婦健診』

妊娠28週 『妊婦健診』

妊娠28週 『妊婦健診』


■最近の未熟児医療の進歩のおかげで、28週ころの未熟児のintactsurvival(障害なき生存)
 の確立がたいへん高くなりましたが、この時期に生まれてしまうと、お母さんやお父さんのもと
 に戻ってくるには数週間、数か月かかります。
 母子分離の期間が長いのは決して好ましいことではありません。早産に注意しましょう。

■胎児の位置(正常か逆子か)
 以前、この時期(28~30週)の超音波検査で胎児の位置が、骨盤位(逆子)なら、体操
          (膝胸位)や外回転術のアドバイスをしていましたが、最近、休む方向(左下か右下か)の
          アドバイスだけで、多くの逆子が正常位となっていることが分かり、あまり早い時期からの体操
          指導や、外回転術をしていません。

         ■赤ちゃんの顔写真は、赤ちゃんの位置によって、つまり顔が超音波プローブの方向(お母さん
          のお腹の方)を向いていないと撮れません。顔がプローブの方向を向いていても、顔の前に、
          子宮壁や胎盤、赤ちゃんの手があると、きれいな写真は撮れません。

         ■乳頭(おっぱいの先)から乳汁(おっぱい)がまだ出ていない方、これからでも大丈夫です。
          でも、もしかしたら、手当ての仕方に問題があるのかもしれません。もう一度確認しましょう。  

         ■母親教室D(お産)クラス受講は、妊娠28~37週が適しています。

         ○次の診察は・・・
          とくに変わりがなければ、次回は2週間後、30週の健診です。


 
電話番号:072-471-3222 小児科予約専用TEL:072-470-0120
Access

〒599-0211
大阪府阪南市鳥取中192-2
【受付時間】
産婦人科
午前8:45~11:45 午後17:45~19:45
小児科
午前8:45~11:30
※土曜の受付は11:00まで
※当院初めての方は、直接ご来院ください。

電話番号:072-471-3222 小児科予約専用TEL:072-470-0120