2018年2月 2日 金曜日

新生児聴覚スクリーニング検査について

平成30年2月1より、新生児聴力スクリーニング検査方法が変更になりました!
先天性難聴の出現頻度は、1000人に1~2人とされており、聴覚障害は早期に適切な援助を開始することによって、コミュニケーションの形成や、言語発達の面で大きな効果が得られますので、早期発見がとても重要です。
(聴力検査を行わない場合、赤ちゃん自身が症状を訴えることができないので、2~3才頃になって「言葉が遅い」ことから、難聴に気づくこともあります)
聴力検査には、2つの方法があります。耳音響放射「OAE」と自動聴性脳幹反応「AABR」の2種類です。
「OAE]は比較的簡便・安価ですが、後迷路性難聴が検出できないことと
要再検率が3~7%と高いことが難点です。
当院が採用している「AABR」は35dBという、ささやき声くらいの大きさの音に対する反応を脳幹からの電気的反応を検知し自動半定機能より軽度の難聴から発見することが可能です。精度は比較的高いことと要再検率(日本 片側要再検率は約0.6%)が低いことが特徴です。

投稿者 医療法人笠松産婦人科・小児科

電話番号:072-471-3222 小児科予約専用TEL:072-470-0120

新着情報

一覧を見る

2018/01/13

消防法変更にともない、2月1日よりスプリンクラー設置工事が始まります♡
工事中はご迷惑をおかけします。ご理解・ご協力をお願いいたします。

2018/01/11

産婦人科受付けに、アニマルペイント絵画を展示しました。
詳しくは、スマートフォンサイトのスタッフブログをクリックしてください♡

2017/12/20

☆駐車場が新しく増設されました

Access

〒599-0211
大阪府阪南市鳥取中192-2
【受付時間】
産婦人科
午前8:45~11:45 午後17:45~19:45
小児科
午前8:45~11:30
※土曜の受付は11:00まで
※当院初めての方は、直接ご来院ください。

電話番号:072-471-3222 小児科予約専用TEL:072-470-0120